2010年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08.22 (Sun)

世紀末オカルト学院#6 「文明の道程」 (2)

snapshot_dvd_15.00_[2010.08.22_05.30.36]-1

これまで、参加してもらうアニメーターの声かけなどは、基本的に制作にお願いしてきたわけですが、(社内でのアニメーターの取り合いを避ける意味もあります)
フリーになった今回からは、僕の方からも、
今まで一緒にお仕事したことがあって、頼りにしていた方々に、はじめて幅広く声をかけさせて頂きました。

作監の細居さんはもちろんですが、濱田さん、浜崎さん、有田さん、吉田君、増井さん、小磯さんなどがそうですね。
細居さんの方からも、原田さんなどに声をかけて頂きました。原田さんは1話にも参加されてましたね。
あとマッドの後輩のホさんの紹介で、ライブの菊池さんにもお願いすることができました。
テレビシリーズの原画に、キャラデ経験者が5人も名前を連ねていて、なかなかに壮観です(笑)。

演出打ちのあと、10日ばかり手空きの期間があったので、僕と細居さんの二人でも50カットちょっと担当しています。
これで全体の約半パート強に達するので、スケジュールのない中でも、クオリティ管理の見通しが立てやすかったですね。

こうしたやり方のメドがほぼついて、今後、
自分の監督企画のあいだのつなぎの時期に、テレビシリーズの各話などにスポット参戦する際のスタンスが確立できたことも、収穫だったと思います。
制作がいればグロス受けすることもできそうですね。今はまだそこまでは考えていませんが。

さらに今回は、進行の岩月君の手配で参加してもらったA1の原画マンも、みなさん上手くて丁寧で、
こずえの泣きシーンなどを担当して頂いた小木曽さんの繊細な芝居や、
若くてガッツのある須藤さんや栗原さんの仕事など、色々と印象に残りました。

スケジュールのない中で、ほぼ全ての方に原画までやって頂けたこともありがたかったです。
皆さん本当にありがとうございました。


05:46  |  オカルト学院#6  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。