2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.27 (Sun)

ねらわれた学園(11)

学校と家と通学路だけが、世界の全てだった時代――。

耐えられないような嫌なことがあった時、
逃げ出したくても逃げ出す先のない、息のつまりそうな時代でもありましたね。

その代わりに嬉しいことがあった時は、
ささいな、本当にささいなことが、今の十倍も嬉しかったように思います。


今回の作品は中学校が舞台であり、中学生が主人公です。

アニメで中学生を描く場合、えてして、
外見は中学生だけれども、内面は大人であるようなキャラクターに、なってしまいがちだと思います。

なによりも慎重にそれを避けて、
自分が中学生だった時の実感を、ゆっくりと思いだすところから、この作品は始まりました。

Angela Aki 手紙 ~拝啓 十五の君へ~
と、
アメトーク 中学の時イケてないグループに属していた芸人
の二つは、
この世界への入り口として、僕にとっては大事な導き役のひとつになってくれました。


中学生の時の自分が思っていたほど、中学生の自分は賢くはなかったこと。
でも、大人の自分が思っているよりはるかに、多感であったこと。

今から思えば本当に小さな、いろんなことに胸が押しつぶされそうなほど悩み。苛立ち、喜び。
傷つきながらも、人のことを好きになり。
強がりながら、親しい友にも本音を言えなくて苦しんで。
素直になれずに、転校する友達に言いそびれた一言を、今でも一生分後悔できること。(笑)

大人の目線から「そんなささいな」と言ってしまった瞬間に、指の隙間からするりと抜け落ちてしまいそうな。
そんな、
強く引っかかれたら血が出てしまいそうな、心の柔らかい部分に、
照れずに、素直に、まっすぐ向かい合おうとする日々は、なかなかに苦しかったので。
少しずつですが、完成形が見えつつある今日この頃は、手ごたえもあり。
完成したこの作品が、どんなふうに受け取られるのか、本当に楽しみです。


この映画は、眉村卓「ねらわれた学園」を原作にしています。

僕はもともと児童文学が好きで、
大学時代も、「児童文学を読む会」というサークルに所属していたくらいなので、
児童文学を映像化することは、この業界に入った時からの大きな目標でした。
だからこの作品を手掛けられたことを、本当に嬉しく思います。

児童文学とは、大人が子供に読ませたい「安全な」作品のことではなくて、
子供が自身で読みたいと思う、時には子供を傷つける部分さえあるかもしれない、
書き手も読み手も、そんな危うさを覚悟の上で、正面から向かいあった作品のことだと思っています。

そういう意味で「ねらわれた学園」は明確に児童文学で。
素晴らしい児童文学は、大人の鑑賞にも耐えうるというのが僕の考えです。

まずは原作が対象としている、中高生から小学高学年に楽しく見てもらえる作品でありながら。
大人の視点からは別の楽しみ方もでき、
年齢を重ねて読み返すごとに、なおさら奥行きを感じられるような、
そんな作品を、映画としても目指しています。


「ねらわれた学園」の原作のストーリーは、
それが書かれた時代に立脚しているものですから、
その時代の空気を濃密に反映し、現代の文脈には合わない部分も当然あります。

しかし児童文学にかぎらず、どの文学もそうですが、
数十年にもわたって版を重ね、読み継がれてきている作品は、
時代を超えて伝わっていくテーマや魅力を、必ず備えているものです。

この原作の、そうしたエッセンスを最大限に生かす目的で、
映画用のストーリーは、現代の文脈の中で僕のほうで立てなおしてみました。
これだけの名作と向かい合うわけですから、必死の作業でした。
明確に「ねらわれた学園」でありながら、
今の「ねらわれた学園」を、お見せできるのではないかと。
ひそかに僭越ながら思っております。


素直であることを、怖れない作品をつくりたい。
感心されるよりも、愛される作品をつくりたい。
良い作品よりも、楽しんでもらえる作品をつくりたい。
お洒落で行儀の良い作品よりも、恰好悪くても本音の作品をつくりたい。
親が子供に見せたい作品よりも、親はすこしは眉をひそめるかもしれないけれど、子供自身が見たい作品をつくりたい。

それが、今回の僕の挑戦です。


拝啓十五の君へ―アンジェラ・アキと中学生たち拝啓十五の君へ―アンジェラ・アキと中学生たち
(2009/03)
NHK全国学校音楽コンクール制作班

商品詳細を見る
スポンサーサイト
05:47  |  ねらわれた学園  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。